• ホーム
  • 診療科目
  • 診療方針
  • 院内環境
  • 診療カレンダー
  • 佐野歯科ニュース
  • お問い合わせ
  • スタッフ紹介

小児矯正 歯並びの治療

矯正治療は、顔の形、かみ合わせ、発音、健康の改善など、機能の回復を目指すことです。総合的な治療が適切で、歯肉や歯の根や歯を支える骨が健康な状態であれば、矯正治療は可能です。治療時期は、骨が成長する6歳〜14歳までの間(歯が未成熟)が適切な時期で、治療期間は、一人ひとりの治療方針、症状で異なりますが、お子さまの乳歯で半年〜3年が大概の目安です。

治療時期は、骨が成長する6歳〜14歳までが適切な時期です。

矯正を検討された方が良いケース
成長時期に矯正を検討された方が良いケースは、下記のような症状が観られる場合です。
  • ■ アゴが右や左にずれている。
  • ■ 下アゴが上アゴより前に突出している。
  • ■ 上アゴが前に突出している。(出っ歯)
  • ■ 歯の噛みあわせが極端に悪い。
  • ■ 発音が極端に悪く聞き取りにくい。
上記のような症状が観られる場合は、ぜひ一度、ご相談ください。成長時期の治療は、良い結果が期待できます。

総合的な治療効果が期待できます。

歯科矯正のメリット
下記のようなメリットがあります。
  • ■ 歯と上下の(顎)アゴのバランスコントロールがある程度可能で、良好な治療結果が期待できます。
  • ■ 他の治療(虫歯、歯肉炎など)との組み合わせで総合的治療効果があります。
  • ■ 永久歯になって、もしもの再矯正治療でも短期間で済む場合があります。
上記のように、骨の成長が終わる前のお子さまは、アゴの成長をある程度コントロールしながらの矯正が可能になりますので理想的な治療効果が期待できます。

小児矯正の治療費・費用

矯正治療費について
矯正治療は基本的に保険外の歯科治療になります。また、矯正治療費は、医療費控除の対象になる場合があります。費用については、歯科医院によって幅があり治療費の基準が分かりにくい部分がありますので詳しくご説明をいたします。何でもご質問ください。